21のお尻の黒ずみから6年間やっと大分回復してきた

お尻の黒ずみと6年も友達でした。

お尻の黒ずみに築いたのは、21歳の時、、。
忘れもしない、夜11時頃、、。
「なんかお尻がカサカサしてるな、、」とお風呂にある鏡で、お尻を確認。
気がついた時は、あまりの衝撃で、曇っていない時にお風呂の鏡でお尻を確認しました、、。(お恥ずかしいですが)

 

学生だった私は、床へ直接座って課題をしたり、ご飯を食べたりしていたので、黒ずみが出来てしまったのだと思います。
それからは座布団を引いたり、なるべく柔らかい場所に座るようになりました。
大学へも、座布団を持参。自転車も立ちこぎ。

 

また、私の場合、乾燥も大きく関わっている様で、夏より冬の方が、黒ずみが大きく、濃くなっているように見えました。
といっても、夏場でも黒ずんでいるので、プールや海に行く時は、必ずパーカなどの羽織を着ていました。
ギリギリまで羽織を着ていたので、周囲には相当日焼けしたくない奴として、大学でいじられるほどでした、、。

 

私の場合、お手入れ方法は1つです。(お金もないので、エステ等にかよう事ができなかったためです、、。)
冬場のみですが、お風呂上がりにボディークリームを塗り続けました。

 

柔らかい場所に座り、お風呂上がりにボディークリームを塗り続けて、4年程度たった時、ほとんど気にならないレベルに回復しました。
なにより嬉しかったのが、お尻の黒ずみ特有?のカサカサが無くなった事です。
手で触っても、気にならない程度に回復し、肌の色も大分回復しました。

 

ここまでの道のりは長かったですが、柔らかい場所に座る事と、お風呂上がりのボディークリームは今も続けています。

 

お尻の黒ずみについて

私は一時期、おしりの黒ずみにとても悩んでいました。

 

当時は、なんでこんな風にお尻が黒くなるんだろうとか、お尻が黒くなるんて恥ずかしいと思っていました。こんなこと、家族でも恥ずかしくて相談できないし…と黒ずみができた理由も、解決策もわからないまま、時が過ぎました。そんな時、あるサイトを見ていると、お尻が黒ずむ原因について記載してありました。
お尻 黒ずみ治す方法

 

いくつか原因があった中で、私が思い当たる原因は、摩擦でした。当時の私は、脚のラインにぴったりくっついたようなぴちぴちのデニムが好きで、週に何回もそのようなスタイルをしていました。確かにその時くらいから、お尻に黒ずみがあることを気にし始めました。きっと、お尻とデニムが擦れることで摩擦が起き、色素沈着してしまったのだと思います。長年悩んでいたおしりの黒ずみの原因を知ることができ、本当に嬉しかったのを覚えています。

 

原因を知ることができた私は、ただちにそのようなデニムをはくのをやめました。(たまには履いていましたが) また、原因がわかったから対処も出来そうだということで、とりあえず私が愛用しているクリームをお尻に塗っていくことにしました。そのクリームは、primoです。

 

もともと日焼けの後処理に使用していたクリームだったのですが、それを塗ることによってニキビが治ったり、肉割れが目立たなくなったりしたので、もしかしてと思ってprimoを塗っていたら大当たりでした。あんなに頑固に目立っていたおしりの黒ずみがどんどん目立たなくなっていきました。今でもずっとprimoをお尻に塗っています。いつか完全に綺麗なお尻になりたいなと思います。